お知らせ
HOME > お知らせ

2020年7月12日 年間第15主日 「神の力に信頼する」

 fr.田中信明OP

朗読:.ぅ競55・10-11、▲蹇璽8・18-23、J_札泪織13・1-23

 いただいたサボテンがもうダメかなと諦めながら植え替えしたら、今は土に混じっていた雑草といっしょに復活している。沈黙のうちに、草花の「飾らない、完璧を求めない素朴な美しさ」に神のおとずれといつくしみとやさしさが運ばれてくるのに手を合わせる。
 マタイは「種蒔きのたとえ」で、神の国(天の国)と宣教の困難について教える。種蒔きの間に、道端に落ちた種、石だらけの土の少ない所に落ちた種、茨の間に落ちた種、良い土地に落ちた種と4つの「落ちた種」のケースである。イエスの解説と合わせて考えると、「種」は神の国、神とともにある幸いへ導く「みことば」である。最初の3つは「何かを受け入れない」ケースで、4つ目の「何かを受け入れる」ケースはさまざまな良い実りを結ぶ。何を「受け入れ」「受け入れない」のか。決して4通りの種の運命についてではない。パレスチナの「種蒔き」は、畑を耕しウネを作って蒔くのではなく、直接畑に種をまき散らすから、その間に周りにたくさん「落ちる」。あとで耕して土をかぶせる。収穫はかなり少ない。したがって、メシアによってイスラエルが回復され、大地は祝福され何千倍もの実りをもたらすと期待された。
 「たとえ」には、比喩、倫理的格言、ことわざ、寓喩などの広い意味があり、さらに「なぞ」を意味する。イエスのたとえ話は、聴いて理解しようとする者には天の国の秘密が開示されるが、理解しようとしない者には「なぞ」である。福音書で注釈つきの「たとえ話」はほとんどないが、10節「なぜ、あの人たちにはたとえを用いてお話しになるのですか」と弟子たちのイエスへの質問の答えは「神の国の宣教は心の頑なな人々、行いと言葉の一致しない人々には受け入れられない」の鋭い一言に尽きる。つまり「種・みことば」を「受け取る」が「神の力」を「受け入れるふり」をしながら否定するファリサイ主義に陥りうる危険を警告する。「種蒔きのたとえ」も解説もこのことを教える。弟子たちもわたしたちも「自分」を過信するならばこの危険にさらされる。単純に「見て、聴いて、理解し、神の力を受け入れて生きる」ことである。道端であろうが、石だらけの土の少ない所であろうが、茨の間であろうが、良い土であろうが、それぞれ「落ちた種」は「神の力」を「受け入れ」て「自力」ではどうにもならない厳しい条件下であっても、芽を出し花を咲かせることができる。「神の力」は「食べる人の糧」(イザヤ55:10)となる。教会が福音を実践して生きるとき神の国のしるしとなる。教会が過信せずに福音を基準にして謙遜に言葉と行いを一致させ「神の国」を受け入れて生きるなら「神の子供たちの栄光に輝く自由に」(ローマ8:21)あずかることとなる。これは隣人を大切にする自由であり、隣人とともに神体験する。おそらく13章19-23節にはマタイ福音書と同時期の成立とされるエズラ記(ラテン語版)8章41節の「農夫が地に多くの種を蒔き、多くの苗を植えるが、時が来ても、蒔かれたものがすべて無事に芽を出すわけではなく、植えられたものがすべて根づくわけでもない。それと同じく、この世に蒔かれた人々がすべて救われるわけではない。」と共通のイメージが下地にあるようだ。
 「自分」を過信することなく「神の力」を受け入れ、謙遜に「神の道具」となって必ず神の国の幸いは実現するという希望が大切である。「神の国はすでに始められたが、まだ完成されていない。」これがイエスによりわたしたちに届いた福音である。


2020年7月5日 年間第14主日「神への感謝の祈りの準備」

fr.田中信明OP

朗読:.璽リヤ9:9-10、▲蹇璽8:9、11-13、J_察Д泪織11:25-30

マタイ11:25-30は、〃室┐鰺燭┐討ださった父への感謝、父と子について、イエスのくびきを負いなさいとの招きの三部からなる。神の招きへのこたえはイエスを介して感謝の祈りのうちに結ばれる。三つの点を強調したい。

一)なぜイエスは父(アッバ)である神に感謝するのか
25節「知恵ある者や賢い者」は、ファリサイ派、祭司長たちや律法学者たちを示す。つまり、イエスの時代に社会的・宗教的権力を振り回し、排除された貧しい人々を軽蔑し、神の啓示の管理者、解釈の専門家であると自負していた少数者集団である。「幼子のような者」「小さい者たち」とは、幼児、子ども、未成年者、未熟者などの意味がある。「単純」で、誰かのささえを必要とする者である。マタイにとって、貧しい人々、飢えた人々、苦しむ人々、罪人と呼ばれる人々、飼い主のいない羊、子どもたち、排除された人々は「民の中の貧しい人々」であるが、神の啓示が第一に知らされる人々である。神は困難な状況にある人々に語りかけられる。すると特権的に神の啓示を管理していると自負している者たちはどうなるか。根本的な問いかけである。神は人間の諸価値や規範を揺るがす。すべては自由で無償の神の愛から始まる。だからイエスが感謝の祈りを父(アッバ)である神にささげるのである。

二)父と子について
27節「子」は25節の「幼子」「小さい者」とは異なる語で「神に愛される神の子イエス」を意味する。「父」「子」「子が示そうと思う者」の関係・交わり・交流・共同体は底流に「自由」と「愛」がある。すべては父の「御心」なのである。「父」と「子」が一つとなる交流に「子が示そうと思う者」であるわたしたちが招かれるが、一足飛びに父に繋がるのではなく、「子」に知られ「子」を知ること、信じること、つまりイエスとわたしたちの交流・共同体「神に呼ばれた者の集い」である教会が必要である。そして、わたしたちもイエスと同じく神を父(アッバ)と呼びかけることができる。すべてはこの教会「わたしがある、ゆえにわたしたちがある」場でいただく。

三)イエスの軛(くびき)を負いなさいとの招き
28-30節は「わたしのそばに来なさい、無学な者たちよ、学び舎で時を過ごしなさい。なぜ、いつまでもそのままの状態でいるのか。お前たちの魂は激しく渇いているのに。わたしは口を開いて語ってきた、知恵を得るには金はかからないと。軛の下にお前の首を置き、魂に教訓を教え込め。知恵はすぐ身近にある。目を開いてみよ。わずかな努力で、わたしが多くの安らぎを見いだしたことを。」シラ51:23-27やイザヤ29:14、知恵の書10:21などに見られる「隠された知恵」思想に由来する。「知恵の正しさは、その働きによって証明される。」(マタイ11:19)と既にイエスを神の知恵と解釈し、擬人化された知恵が与える「軛」や「安らぎ」は実はイエスによって与えられる。人に仕え「高ぶることなく、ろばに乗ってくる」(ゼカリヤ9:9)メシアの生き方をまねることである。

2020年6月28日年間第13主日「同行者」

fr.田中信明神父

朗読:[鷁Σ4:8-10,14-16、▲蹇璽6:3-4,8-11、福音マタイ10:37-42
 
司祭になろうと考えていた頃のある夜、母とふたりになったとき、「神父になりたい」と告げると、「わたしは、あなたが何をしたいか、おおよその見当はついてるよ。お腹で おへその緒でつながっていた頃からのおつきあいだから」と微笑みながら言われ大変驚いた。「わかっているの、わかっているの、応援しますよ。自由だよ。」と言うことだった。かつて高校1年生の冬、やはり母は「わたしはあなたが最近どこへ出入りしているか知ってるよ」と教会の高校生会に参加していることを見抜いていた。後日、父に話した。「お坊さんになるのならわかるけど、神父さんになるのはわからないな。でもD神父さんを見ていたら崇高な聖職だということはわかる。自由だよ。」と。両親からそろって「自由」 を与えられた。父は町の神社や寺の世話人だった。帰省したとき、D神父さんを家に招いて食事をすることが何回かあったりして、わたしがいない時も仲良くしていた。それが今から35年前の1985年1月3日の渋谷教会での司祭叙階式へと結ばれた。当日、両親は聖堂の前の方の席で式の間中、手を合わせていたのを思い出す。
マタイ10章37節「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者は、わたしにふさわしくない。」手元の新約聖書ギリシア語辞典で調べると、よりもは、以上の、まさる、上に、越えて、の意味である。ふさわしいは、元来は天秤のはかりを下げることから、重さがある、価値がある、適当な、当然である、しがいがある、〜するに足る、の意味である。さらに、38-39節で「また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、かえってそれを得るのである」と続き、ふさわしくないが合わせて三回繰り返されることから、(イエスへの信仰か肉親への情か二者択一を迫る。信仰者には自然的血縁的人間関係を主体的に切るという決断が要求され、天の父の意志を行うものをすべてわけへだてなくきょうだいとして得る道が開かれる)との解釈があるが、家族との「かかわりを切る」ことは考えられないから、何かしっくりしない。むしろ、わたしのように家族がキリスト信者でなくても良い関係と家族のささえがあれば、キリストと同じ方向を歩む道行ができるのではないだろうか。ローマの教会への手紙6章3節にあるように「洗礼」は「キリストの中に沈められること」であり「その死の中に沈められること」である。つまり「キリストと同じ方向を向いて同じ道行を歩むこと」。道中キリストの受難と十字架に連なるになうべき十字架もあろう。そうであっても肉身との絆を切ることではなく、完全な自由において肉身「よりも・を越えて」キリストを「とも」とする選択によって「風景の変容」が内的促しによって生じる。それをアイノタメのメタノイア(回心)と言ってもいいだろう。今までの風景に留まっていることができなくなる新しい・喜ばしい風景が与えられ、肉身とのかかわりの風景もよりふさわしく変わる。だから、42節「はっきり言っておく。わたしの弟子だという理由で、この小さき者の一人に、冷たい水一杯でも飲ませてくれる人は、必ずその報いを受ける。」おのずといのちを運ぶ者をありがたく受け入れる。「世を裁くためではなく、救うために来られた方」はあらゆる関係の基(もとい)にあるいのちの絆を切ることではなく、「へその緒」を切って「自由」を与え独立させ、同行者としてくださる。

2020年6月21日年間第12主日 

fr.田中信明OP

朗読:.┘譽潺20:10-13、▲蹇璽5:12-15、福音マタイ10:26-33

今日からミサが再開されます。教会は2月26日の灰の水曜日、四旬節第1主日3月1日から4ヶ月間「公開(信徒とともにささげる)ミサ」は休止しており、復活祭、主の昇天、聖霊降臨、三位一体、キリストの聖体のお祝いができませんでした。
2月3日に横浜に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から感染者が発生したことから身近に知ることになりました。色々な情報や噂やチェーンメールみたいなものもありました。結局、知らない「恐ろしさ」ゆえの「不安」が背景にあります。
第1朗読と福音にも言及されている「恐れ」についてわかち合いましょう。わたしは聖書の「恐れ」と訳されている箇所が文脈から考えてすべて「恐れ」であるとは思えません。
広辞苑では「おそれ」は、1.「恐れ」こわがる気持ち。恐怖。不安。2.「畏れ」敬い。かしこまる気持ち。畏怖。畏敬の念。3.「虞」よくないことが起こるかもしれないという心配。気づかい。不安。懸念と区別しています。ですから、「恐れ」と「虞」は重なりましょうが、「畏れ」とは異なるのです。
自然災害、出エジプト、荒れ野の旅、バビロン捕囚、周辺国からの支配、神殿破壊、迫害など苦難を経験した旧約の民は、神のなさる戦士のような雄々しさ・勇ましさは何事か知らないゆえの「恐れ」でしたが、やがて『神の忠実さ・あわれみ』が継続していることを『契約』を省みることで再確認し、「手を合わせ感謝する」「畏れ」に結ばれました。
イエスの十字架と復活を記念する新約の教会は『教会の忠実さ』を持って福音そのものである『イエス・キリストのおとずれ』によって『神の忠実さ・あわれみ』に応えていく使命があります。マタイの福音書10章26-33節での4箇所の「おそれ」はすべて「恐れ」と訳されていますが、28節の「体は殺しても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。むしろ、魂も体も地獄で滅ぼすことのできる方を畏れなさい。と訳すほうが良いと思います。手元の「玉川直重著 新約聖書ギリシア語辞典」で調べてみますと、26節の「人々を恐れてはならない」、28節の2回「恐れるな」「恐れなさい」と31節の「恐れるな」は、いずれもフォベオマイという動詞です。意味はゞ欧譴襦↓△それかしこむ、尊敬する、崇敬するです。名詞はフォボスでゞ欧譟↓恐れさせるもの、0攘鼻尊敬とあり、フォボスは善い意味にも悪い意味のおそれ(恐れ、畏れ、尊敬、fear, reverence)にも用いられます。ギリシア語の複数の意味が日本語の複数の意味に対応するのですから、翻訳でも文脈ごとに「恐れ」「畏れ」「虞」とすべきと考えます。「畏れ」と「恐れ」を区別しないと、『イエス・キリストのおとずれ』による神の超越性や『神の忠実さ・あわれみ』を水平的にとらえてしまい、福音に応える霊的垂直的なながめ・かかわりで味わう深みを忘れてしまいます。「三密」(密閉・密集・密接)を避けることに注意しましょう。これは教会にとっては大きなチャレンジです。「かかわり」を基調とする共同体(コムニオン)にとってこの「かかわり」が断たれてしまう事態だからです。ともに集まることのできない「見えないかかわり」を保つ教会であることに希望をおき、「新たな出発」をお祝いいたしましょう。     

「教会活動の再開に向けて」カトリック東京大司教区

教会活動の再開に向けて

緊急事態宣言が5月25日に解除されて以降、東京都や千葉県でも公立学校が再開され、小規模な集会も感染対策の上で実施が可能となる見通しが立ってきました。 灰の水曜日翌日以降、ミサの公開を控えておりましたが、霊的渇きの中、いのちを守るために耐え忍びながらご協力いただいたみなさまに、感謝申し上げます。これからもウイルスと共生する中で、新しい教会のあり方を模索しなくてはなりません。さらなるご理解と協力を、お願いいたします。

6月21日から、教会活動を段階的に再開します。
感染には波があり再び感染が拡大する可能性も指摘されています。慎重かつ柔軟な対応が必要です。
そこで別添のように、状況に応じた四つのステージ(段階)で対応します。

現在は「ステージ4」ですが、6月21日から、「ステージ3」に移行します。
各ステージの条件は以下の通りです。ただしこれは原則であり、地域や小教区で状況は異なりますので、
実状に応じて柔軟でふさわしい対応をお願いいたします。
 
なお、「ステージ3」において次の二点は、「最低限必要な条件」です。
1:聖堂内で、互いに1.5から2メートルほどの距離を保つため、入堂人数の制限をします。
それが不可能な場合は、聖堂を典礼に使うことはできません。

2:高齢の方・持病(基礎疾患)のある方には、大変申し訳ないのですが、
いのちを守ることを優先して、このステージ3の期間は、どうか自宅でお祈りくださるようお願いします。

こういった条件や以下に掲げるお願いに協力頂くことが難しい場合には、
当該小教区の教会活動再開を、当分の間、断念せざるを得ない場合も出てまいります。
お互いのいのちを守るために必要な行動です。どうかご理解と、ご協力をお願いします。

以下にステージ3の主な条件をまとめました。

6月21日以降しばらくの間、教会活動の主な条件(ステージ3)

1:聖堂内で、互いに1.5から2メートルほどの距離を保つため、入堂人数の制限をします。
それが不可能な場合は、聖堂を典礼に使うことはできません。

聖堂内で距離を確保するための具体的な方法について、主任司祭の指示に従ってください。
人数制限をお守りください。また、ミサのある教会を求めて、移動することをお控えください。
ご自分の所属教会、または共同体の一員となっている教会の指示に従ってください。

2:高齢の方・持病(基礎疾患)のある方には、大変申し訳ないのですが、いのちを守ることを優先して、
このステージ3の期間は、どうか自宅にとどまってくださるようお願いします。

法的に高齢者とは、65歳(前期高齢者)以上の方です。
今の段階ステージ3では、特に75歳以上の方にあっては、持病がないとしても、
もうしばらくの間は、自宅でお祈りください。
これから暑くなりますから、熱中症対策のことも念頭に置かれますようにお願いします。

65歳以上の方にあっては、互いのリスクを考えてご判断をお願いします。

なお、主日ミサにあずかる義務は、教区内のすべての方を対象に免除します。

3:1月31日以降の当初から行われてきた手指消毒など感染症対策を充分に行い、換気を保ち、
しばらくの間は全員マスクを着用してください。

4:しばらくの間、ミサや集会などで、聖歌を「全員で一緒に歌う」ことを控えてください。
オルガン独奏や、距離をあけての独唱などは可能です。

5:しばらくの間、ミサでの奉納も行いません。またしばらくの間、口(舌)での聖体拝領を控えてください。

6:ミサ以外の会議などは、20名程度までであれば、上記3のような対策をした上で、
互いの距離をとり、時間をなるべく短くして行ってください。

付記:75歳以上の司祭にあっては、ミサの司式にあたり、感染を避けるため、
聖体授与に携わらないよう指示をしました。
信徒の方に「聖体授与の臨時の奉仕者」をお願いすることになります。
信徒のみなさまの感染防止と共に、司祭の感染防止のための、通常とは異なる典礼での措置にも、ご理解ください。

〈別添資料:教会活動の四つの段階(ステージ)(2020年6月版)〉

ステージ1
通常のミサ(公開ミサ)と教会活動
新型コロナウイルス感染症が発生する以前に行なっていた、平常どおりのミサと活動。

ステージ2
感染対策をとった上での公開ミサと活動
対策:咳エチケット・手洗いの徹底・施設入口の消毒用アルコールの設置
施設(聖堂を含む)のドアの開放・聖水盤使用の中止・十分な換気
ミサ:必要に応じて人数制限・奉納(パンとぶどう酒)なし・接触なしの平和のあいさつ・手での聖体拝領
体調不良の人のミサ参加の自粛・マスク着用許可(会衆・奉仕者・司祭)
健康に不安のある人の主日ミサに与る義務の免除
秘跡:感染対策をとった上で行う(洗礼・結婚・ゆるし・病者の塗油)
活動:密閉、密集、密接を避け、なるべく短時間で行う

ステージ3
条件付きでの公開ミサと活動
ミサ:人数制限をする・十分な換気・手指の消毒・聖歌なし・短い説教あり
奉納(献金含む)なし・接触なしの平和のあいさつ・手での聖体拝領
参加者全員マスク着用(会衆・奉仕者・司祭)
時間短縮に配慮したミサ(可能であれば複数回)
状況に応じて、基礎疾患を有する信徒と高齢の信徒の参加は不可
東京教区のすべての信徒に主日のミサに与る義務の免除
秘跡:洗礼・少人数の「洗礼のための個別のミサ」の中で行う
結婚・基本的に延期(感染対策をとった上で行うこともできる)
ゆるし・感染対策をとって、距離をとって行う
病者の塗油・十分な感染対策をとった上で行う
葬儀:遺族と話し合い、十分な感染対策をとった上で行う
活動:小規模で、密閉、密集、密接を避けて短時間で行う

ステージ4
公開ミサと活動の中止
ミサ:公開ミサは行わない(非公開ミサは行うことができる)
東京教区すべての信徒に主日のミサに与る義務の免除
秘跡:洗礼・延期
結婚・延期
ゆるし・延期
病者の塗油・十分な感染対策をとった上で行う
葬儀:遺族と話し合い、十分な感染対策をとった上で行うことができる
※火葬を済ませ、後日に葬儀ミサという可能性もあり
活動:いかなるものも行わない

(参考1) 高齢の方々に、しばらく自宅でお祈りいただく理由

緊急事態宣言が解除されて、教会も、四旬節から続いた公開ミサの中止を解除し、
段階的に通常の典礼に戻していこうとしています。

その中で当初の段階にあっては、いわゆる高齢の方、また基礎疾患のある方には、ミ
サへの参加をご遠慮いただくことにしています。

ご自分は健康なので、大丈夫だろうというご意見をいただいていますが、
以下に、特に高齢の方にしばらくご遠慮いただく理由を記します。

なお判断の基準は、選択肢がある場合、どちらがより「いのちを守るため」という基準に近いかどうかです。
また社会にある組織として、共通善のために果たすべき責任も考慮しなければなりません。

1:厚生労働省の専門家会議の見解に以下のようにあります。

「罹患しても約8割の方は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されています。
一方、重症度は、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。
特に、高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されています。」

2:同じく見解には、感染について次のように記されています。

「一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話するなどの環境では、
咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。」

3:政府の基本的対処方針にも次のように指摘されています。

「新型コロナウイルス感染症における致死率及び肺炎の割合は、季節性インフルエンザに比べて、
相当程度高いと考えられる。
また、特に、高齢者・基礎疾患を有する者では重症化するリスクが高いことも報告されており、
医療機関や介護施設等での院内感染対策、施設内感染対策が重要となる。
上記の中国における報告では、年齢ごとの死亡者の割合は、60歳以上の者では6%であったのに対して、
30歳未満の者では0.2%であったとされている。

また、日本における報告(令和2年4月30日公表)では、症例の大部分は20歳以上、重症化の割合は7.7%、
致死率は2.5%であり、60歳以上の者及び男性における重症化する割合及び致死率が高いと報告されている。」

上記のような公的機関の情報と医療専門家の意見を勘案して、公開ミサを再開した場合には、
当初の数週間は、高齢の方々と基礎疾患のある方には、ご自分が感染するリスクと、
知らないうちに他者を感染させるリスクの両方を避けるため、
しばらく待っていただくことのほうが良いと判断しました。

いつまでもこの状態が続くわけではありません。地域社会全体の感染状況や、行政の対応を見極めながら、
徐々に、すべての方々に参加していただけるように、段階を進めてまいりますので、
ここは状況をご理解の上、しばらくご辛抱いただければと思います。

まず最初は、小さな規模からはじめて、徐々に参加者を増やす方向ですので、ご理解とご協力をお願いいたします。

(参考2)これまでの手指消毒など感染症対策のまとめ

1:一般的な衛生対策として、咳エチケットに配慮し、手洗いを心がけましょう。
聖堂や信徒会館の入り口に、手指消毒用のアルコールを設置しましょう。

2:ドアノブを介した接触感染を防ぐため、入り口が自動ドアではない場合、
ミサ開始前の適切な時からミサ開始までと、ミサ終了後に信徒が退去するまでの時間は、
教会の入口から聖堂内までの通路のドアは開放することを勧めます。

3:聖堂入り口などに用意された聖水盤は、接触感染を防ぐため、使用を控えます。

4:司祭や臨時の聖体奉仕者をはじめ、信徒の方も、必ずミサ前に充分に手を洗ってください。

5:ミサ中のホスチアや葡萄酒と水の奉納を、当分の間取りやめます。ミサのためのホスチアは、
ミサ前に別途用意し、祭壇近くに備えておくようにします。

6:献金も、ミサ中には行わず、他の場所を設けて、随時行うようにします。

7:濃厚な身体的接触を避けるため、平和の挨拶などで握手や、抱擁を取り入れている場合は、
それらを避けるようにいたします。


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去のお知らせ

お知らせページ内検索

powered by UGJ

このページの先頭へ