お知らせ
HOME > お知らせ

4月の主任司祭のことば

渋谷教会はメインテナンス教会?それともミッション教会?

今年は50周年を祝うとともに、宣教の努めを大切にしたいと思います。イエスはクラブやサロンの教会を創立したのではありません。イエスは弟子たちに命じました:「外の世界に行って福音を伝えなさい。そこで、私はいつもあなたたちと共にいる」。いくつかのヒントを通して、その努めについて考えて見ましょう。

1.教会が本来の役割を機能しているかどうかを計るとき
メインテナンス教会の信徒たちは質問します。教会に来る人は何人ですか。洗礼は何人受けましたか。何人の人が秘跡を受けましたか。信徒たちを何度訪問しましたか。私のグループは楽しいでしょう。統計が評価され、基準となります。ミッション教会の信徒たちは質問します。「弟子は何人ぐらい養成できたのですか」。今、ここで、信仰をどのように証しますか。教会に愛と一致のしるしが見えますか。みことばによって信者は育てられていますか。信者らしく生きることは基準です。

2.今までのやり方の変更を考えているとき
メインテナンス教会の信徒はこう言います。「この案が教会のメンバー一人でも動揺させるなら、私たちはいたしません。」ミッション教会の信徒は言います。「この案が教会に来てない人に近づく助けになるなら、多少の問題は覚悟しましょう。」

3.何かを変えなければいけないとき
メインテナンス教会の大多数の信徒は自問します。
「このことは、私にどのような影響があるのだろうか」ミッション教会の大多数の信徒は考えます。「このことで、教会に来ていない人にもっと近づくことができるだろうか。また、人間らしく彼らを迎えられるでしょうか。」

4.これからの教会の奉仕を考えるとき
メインテナンス教会の信徒たちは言います。「私たちは教会の今までのやり方を忠実に行い、残していかなければならない。難しくて面倒なことはしない方がいい。」ミッション教会の信徒たちは言います。「私たちは教会の将来を大切にしなければならない。そのために、犠牲をはらってもやるべきことをします。」

5.初めて教会を訪れた人に
メインテナンス教会では、主任司祭がその人に言います。「教会をご紹介しましょう。」ミッション教会では、メンバーがその人に言います。「私たちの主任司祭と他の仲間たちをご紹介しましょう。」

6.論争や衝突を前に
メインテナンス教会は、どれほどの犠牲を払っても衝突を避ける努力をします。(成功することはまずないが・・・)。司祭は考えます「私は、このニーズをどのように解決したらいいのだろうか」ミッション教会は、「衝突は進歩のために支払う代価」であることを理解しています。そして、喜んでその代価を払います。皆が同じ意見になることは出来ないことを理解しています。この姿勢は困難を伴いますが、必要なことはしなければならないと考えるのです。司祭は考えます「このニーズに、皆でどのような解決法があるだろうか」。

7.リーダーシップのスタイルは
メインテナンス教会のリーダーは、マネージャーのような管理するスタイルです。リーダーは何でも物事がスムーズに秩序正しく動くよう努力します。ミッション教会では、リーダーは状況に対応して、変えていくスタイルです。将来像を立案し、そのビジョンを実現させるためにフレキシブルに進めていき、周囲を巻き込むように、皆の参加と協力を促します。

8.教会の関心事は
メインテナンス教会は、教会のメンバーのことや、組織、構造、委員、建物などに関心があります。ミッション教会は、この世の人びとがどう考えるか、どのような理由や動機によって人が動き、行動するのかを理解し、その人々の文化に関心を持ちます。ミッション教会は、世の人びとのニーズや、彼らが福音に近づくことのできるポイントなどを確認します。「時のしるし」を読み取るのです。

9.何をサポート?
メインテナンス教会のメンバーは地域の共同体を見て考えます。「どうやってこの人びとに、私たちの教会をサポートしてもらえるだろうか。」ミッション教会のメンバーは考えます。「教会は、どのようにしてこの人びとをサポートできるだろうか?」。

10.教会が大切に考えること
メインテナンス教会は、自分の信徒たちをどのように救えるかを考えます。ミッション教会は、神様はいま、どのように社会のただ中で働いておられるのか考えます。私たちは、それに合わせて、どのように世の人びとに心を開き、手を伸ばしていけるのか、社会の問題に応えるために信仰の恵みで、どう協力していけるのかを考えます。この教会から車で20分の範囲内に、教会に行っていない人は何人いるのでしょうか?

皆さん、いかがでしょうか。この一年を祝い、感謝しましよう。ですが、渋谷教会はいま、ここに、喜びのうちに新しいメンバーを迎える成長をしつつ、復活の力を証しする教会として、新しい社会を立てるために存在していることも考えなければなりません。


カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去のお知らせ

お知らせページ内検索

powered by UGJ

このページの先頭へ