お知らせ
HOME > お知らせ

2020年9月13日年間第24主日 「神のはかり」

fr.田中信明OP

朗読:.轡27:30-28:7、▲蹇璽14:7-9、マタイ18:21-35

 「怒り・憤りの原因の90パーセント以上は自分の側にある」とかつて聞いたことことがあります。結婚式でコリントの人々への第一の手紙13章4節「愛は寛容なもの、慈悲深いものは愛。愛は、妬まず、高ぶらず、誇らない。」(フランシスコ会聖書研究所訳)を選ぶお二人に「寛容とは相手に対してすぐに敏感に反応して怒ったり、分かった、知ったつもりにならないこと。相手の言動に注意して自分の問いかけに応えるのを待つこと。充分聴くこと。怒るに遅いこと。」と話してきました。
 一番大事なことは「ゆるし」です。「人と人」「神と人」の関係を考えると「ゆるし」がなかったらどうなるでしょう。「ゆるせない」のは「自分以外の何かに束縛されていて人や物事を判断する」あるいは「誰かを自分の思い通りにしようとして束縛する」の二通りの心境が考えられます。いずれも「束縛されている」「束縛している」すなわち「解放」されていないのです。だから「怒る」のです。しかし、「ゆるし」は誰かを「ゆるす」と同時に自分も解放され自由を得ることです。
 本日の福音は「信仰共同体・教会」における「きょうだい愛」と「ゆるし」について大切なことを教えています。「王は1万タラントン(6千万デナリオン)の借金のあった家来を「憐れに」思って借金を免除しましたが、家来は自分の仲間が100デナリオンの借金を返すよう要求し、借金を返すまで牢に入れた(束縛した)のです。自分が帳消しにされた借金の60万分の1の借金をゆるさないのです。「ゆるされた」ことを忘れています。「人を裁くな。あなたがたも裁かれないようにするためである。あなたがたは、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ自分の目の中の丸太に気づかないのか」(マタイ7:1-3)の話に似ています。60万倍ゆるしてもらっているのにどうしてゆるさないのかということです。「ゆるしの量」の問題ではありません。王が家来を「憐れに」思って借金を帳消しにした「ゆるしの質」を理解していないのです。聖書は常に「人と人」「神と人」との「関係」です。罪は「神との関係」で見る以外に解決がないということです。「神のゆるし」は「新しく創造され神とともにある」ことへの招きです。「悔い改め」はわたしの内面からすることです。しかし、聖書でいう「悔い改め」(旧約聖書ではもっぱら「主に立ち返る」)は、背負いきれずに覆い隠してしまうような罪を神が「持ち上げ、取り上げてくださる」ことをいいます(詩篇32, 51参照)。「持ち上げる」「取り上げる」は「ゆるす」という意味です。「仲間をゆるさない家来のたとえ」の他に「金貸しのたとえ」(ルカ7:41-50)と「不正な管理人のたとえ」(ルカ16:1-13)があります。共通するのはお金です。「借金が帳消し」にされる話と管理人が自分の都合のいいように借用証書を書き換えてごまかす話ですから数字で表されています。「借金が帳消し」は「罪のゆるし」ということです。借りたならば返すのが正義です。正義はバランス、均衡が保たれるので数字で表すことができます。しかし、「ゆるし」はそのバランスが崩れる「心の問題」です。正義が実現されていないのは不正、正義が実現されているのが公正、正義はないが是とされるのは不正(しかし、正義を越える愛=ゆるし)と考えられないでしょうか。これが「神のはかり」なのです。
 ペトロが「罪をゆるすのは七回までですか」と尋ねたのに対してイエスは「七の七十倍」と応えるのは,「ゆるし」は「新しく創造され神とともにあること」なのだから回数なんて数えないのというのがイエスの本心ではないかと思います。


カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

最近の記事

カテゴリー

過去のお知らせ

お知らせページ内検索

powered by UGJ

このページの先頭へ